• ホーム
  • 池袋のタワーマンション賃貸を探すメリットはある?

池袋のタワーマンション賃貸を探すメリットはある?

おしゃれな部屋

池袋といえば、新宿と渋谷に並び証されることの多い三大副都心のひとつです。池袋駅は一日あたりの乗降客数は270万人をこえる巨大なターミナル駅で、各社の私鉄や地下鉄などが乗り入れています。

交通アクセスの主要拠点として知名度が高いだけでなく、駅を中心にして百貨店や専門店や世界各国のメニューを提供する一流料理店や飲食店なども数多く展開されており、巨大なショッピングエリアを形作っているのです。交通アクセスが良好で利便性がたかいことから、かねてから開発が行われ都市化が進んできましたが、最近では駅周辺エリアを含めて複数の都市再開発事業が進行しており、路線周囲の開発も同時に進んでいます。都市再開発は都市化が進んだ市街地で、陳腐化した商業施設や防災面で問題のある道路などを整備して、より魅力的で暮らしやすい街並みを実現するために行われるものですが、地域のランドマークとしてタワーマンションが建設される機会も多くなっているようです。

池袋の駅周辺にあっても同様で、都市再開発が複数進行しておりランドマークになることを期待されて、タワーマンションが複数建設されています。池袋駅から徒歩数分以内の場所に立地していることから、特に利便性が高く百貨店や専門店・飲食店なども軒を連ねているので、買い物などのお出かけにも迷うほどです。都市再開発が進んでいることから路線価も上昇しており、分譲マンションを購入するのは、ますます困難になっているといえます。

ところでタワーマンションには分譲型と賃貸型の二つがあり、両者が混在している場合もあります。ただし分譲タイプでは億近くの高額物件も珍しくないので、池袋でタワーマンションに居を定めることを目的に賃貸するニーズが高くなっているのです。気になる家賃相場ですが、低階層や高階層などによって違いがあるのでかなりの幅が見られます。池袋周辺で賃貸のタワーマンションを選ぶときの家賃相場は、15.5万円から38万円程度になっているようです。

池袋で賃貸のタワーマンションを選ぶことのメリットのひとつは、充実した共用設備になります。タワーマンションでは戸数が多いので、一戸あたりの管理費を抑えることが出来ます。そのおかげでフィットネスクラブやラウンジなどホテルライクの共用設備を利用することが叶います。そして防犯カメラやダブルオートロックなど防犯性能が高いのも魅力のひとつ。なかには24時間の有人管理体制がとられているタワーマンションもあります。

関連記事