• ホーム
  • タワーマンション最上階に住むメリットとは?

タワーマンション最上階に住むメリットとは?

タワーマンションといえば都心部の眺望を360度臨めるパノラマこそが、最大の醍醐味と言えます。どうせタワーマンションに住むなら、高層階に居を構えたいものです。
漠然と魅力に溢れていそうな、タワーマンションの最上階ですが、そこで住むことのメリットにはどのようなものがあるのかを、確認してみましょう。

最上階ではペントハウスになっていることも多いので、周囲の遮蔽物を気にすることなく朝の起床時に夜にはまばゆいばかりの夜景を目にすることができるので、遠大なパノラマのもとでストレスフリーな生活を送ることが出来ます。RC造、つまり鉄筋コンクリート造が採用されていることが一般的なので階下の住人への足音などの騒音を気にする必要がないのも、ストレスフリーな生活を保障してくれるファクターのひとつ。
そしてタワーマンション自体が地上高100mを越えることも珍しくないので、最上階になると周辺からの人の目にさらされることになるような、建築物は間近に存在しないのでプライバシーを侵される心配もなく生活を送ることがかないます。中層階以下ではプライバシー保護の為の対策なども検討する必要がありますが、最上階であればそのような気遣いもありません。最高の見晴らしのなかで、人の目を気にすることなくプライバシーも万全な環境で生活できると言うのは、とりわけ都市部では稀有な空間で大きな魅力と評価して間違いないでしょう。

そしてタワーマンションの売買価格は、最上階が最上級になっていることを意味します。最上階だけでしか味わえない見晴らしがあります。
最上級なら、数億円することも珍しくない最上級の価格になっているので、ハイクラスの経済力を持っている何よりの証と言えるので居住できるのは極めて限られた人間ということになるのは当然です。従ってタワーマンションの最上階に住んでいると言うことは、高い収入であったり社会的ステイタスの何よりの象徴なので自慢にもなります。自慢と言っても、独りよがりのものではなく、裏付けのあるステイタスなので他人からも一目置かれる存在になると言うことも意味します。

一般的なマンションでは専有部分をあるにしても、階下の住人に騒音迷惑にならないように、足音一つにも配慮する、息苦しい生活を余儀なくされます。これに対してタワーマンションの最上階の生活はマンションにありがちな生活上の制限から解放された生活を意味しているので、ストレスフリーな日々が保障されているという大きなメリットを享受できるのです。

関連記事